わろタイム

おーぷん2chや5ちゃんねるの「なんでも実況」や「ニュー速」系のスレッドをまとめたブログです。 管理人が興味を持ったり面白いと思った物を中心にまとめています。

    カテゴリ: ニュース



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/11/09(木)11:54:29 ID:9n2

    著名人やとこの程度じゃ起訴されないんか?
    http://news.livedoor.com/article/detail/13865656/


    【【悲報】大学教授さん、学生に暴行して骨折させておいて罰金で済んでしまう】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/10/26(木)20:47:02 ID:XXG

    大阪府警は今月、忍者のような黒装束で侵入盗を繰り返していたとされる男性を逮捕・追送検したと明らかにした。
    250回以上の盗みを重ね、「平成の忍者」と呼ばれた犯人とみられる男性が、捕えてみれば74歳だったことに、捜査員は驚いているという。
    容疑者は、2009年から今年7月の8年間にかけて、250件以上の侵入盗で合計3000万円相当の金品を盗んだ疑い。
    大阪府警幹部は、容疑者が「忍者のような黒装束だった」と話した。
    警察によると窃盗犯の身体能力は高く、道を歩く代わりに塀の上を身軽に走り抜けることもあったという。
    逮捕された容疑者は、
    「もっと若ければ捕まらなかった。74歳で歳なので、もうやめる」と話したという。

    http://www.bbc.com/japanese/41757989


    (出典 74歳の忍者、逮捕)

    閲覧目安時間:1分未満

    【74歳の忍者、逮捕】の続きを読む



    (出典 yokoyamashuhan.co.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)01:00:13 ID:E64

    酒に酔った女性に性的暴行を加えた罪に問われていた男性医師の裁判で、さいたま地裁は無罪判決を言い渡した。

    東京慈恵会医科大学付属病院の医師・松岡芳春被告は、去年8月、都内のマンションで、女性に酒を飲ませて酩酊(めいてい)させ、性的暴行を加えた罪に問われている。

    これまでの裁判で検察側は懲役4年6か月を求刑し、弁護側は「証拠は足りず、女性の記憶も曖昧だ」として無罪を求めていた。
    26日の判決でさいたま地裁は「女性は『声や雰囲気』で松岡被告が犯人だと決めたが、当時の記憶は曖昧で、証言を信用することはできない。
    犯罪の証明がないと言わざるを得ない」として松岡被告に無罪判決を言い渡した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171026-00000049-nnn-soci


    【酔った女性に性的暴行 男性医師に無罪判決】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)12:35:21 ID:wUZ

    フランス警察の特殊部隊RAIDが、探していた人物のいる家ではなく、その隣の家に間違えて突入した。
    家には、フランス北部リール近郊アム出身の夫婦とその1歳半の娘がいた。

    女性(妻)によると、ドアの外で音がしたのでドアスコープから覗いてみたものの何も見えず、一歩下がったその時、爆薬でドアがぶち抜かれたという。

    続きは↓
    https://jp.sputniknews.com/world/201710264222354/


    【【悲報】フランス警察の特殊部隊さん、間違えて別の家に突入してしまう】の続きを読む



    (出典 is4.mzstatic.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/10/25(水)11:33:46 ID:b7u

    【岩内】24日午前8時35分ごろ、後志管内岩内町野束(のづか)の日本海さけ・ます増殖事業協会岩内ふ化場を管理する岩内郡漁協職員が「雌ザケの腹が割かれ、卵が盗まれた」と岩内署に届け出た。同署は、サケの不漁で価格が高騰するイクラを狙った窃盗事件とみて調べている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00010001-doshin-hok

    川ごと食べるおんJ民はお怒りやろなぁ


    【【悲報】サケの卵だけを盗む事件が発生】の続きを読む

    このページのトップヘ